(公財)広島県男女共同参画財団「エソール広島」は,男女共同参画社会づくりのための拠点です

HOME
>
チャレンジ支援
>
女性のチャレンジ支援事業
>
チャレンジTALK
>
家づくりのお手伝い インテリアコーディネーター

家づくりのお手伝い インテリアコーディネーター


IKE HOUSE  株式会社 池芳工務店 インテリアコーディネーター
大段菜穂美さん
 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事を選んだきっかけ」

高校の2年生ぐらいに,進学にあたって何を将来やりたいのかを考える機会がありました。その時,部屋の模様替えや友だちと一緒に住むことを考える仕事をしてみたいと思い,住生活・・・住宅やインテリアを学びたいとこの道の学校を選びました。
学校の授業ではいろいろな建物について,インテリアコーディネーターがどういった仕事内容なのか,などの勉強をしましたが本当の勉強は就職してからでした。

 

「私の職場・仕事紹介」

実際に現在している仕事についてのお話しをします。
これから家を建てるお客様がいたとします。
家を建てる時には,どんなキッチンにしたいか,カーテンはどんな色にしたいか,照明はどういったデザインのものが良いか,どういった光の中で暮らしたいか・・・などをお客様は考えられています。
でも具体的に決めていくとなると,自分だけで考えるのはとても大変です。
そんなとき、インテリアコーディネーターとして家づくりのお手伝いをさせて頂いています。
これから出来上がっていく家を想像してもらうのは,図面などだけではなかなかイメージがつかみにくい部分があります。
理解してもらえるようにわかりやすい説明を心がけながら、いい家をつくっていこうという想いのもとに,お客様と一緒に悩みながら作り上げていく,それがインテリアコーディネーターの仕事だと考えています。

私はもともとインテリアが好きだったので,この仕事をとても楽しんでいます。家をつくるとなると,家族の中で女性と男性の考え方が違ったり,好みが違ったりなどして,なかなか決まらないことも多いですけれども,打合せを重ねながら考えて決めていくということも,家づくりの楽しみだと思います。ですから,インテリアコーディネーターとは,その楽しさを提供する仕事でもあると,私は思っています。

「学校で勉強をしたあと,実際にどうしたらセンス的なものを磨けるのですか?」という質問を受けたことがあります。私も学校で勉強はしてきましたが,やはり実際に仕事をし始めてからいろいろなことを先輩から学び,自分でも試行錯誤しながら実戦でやってきました。いろいろな人間がいますので,同じ物を見たとしても受け取る感覚というのは皆さん違います。ですから,現場に行き自分の目で確かめながら、自分の感覚を磨いていくということが必要なことと日々感じています。

 

 

「メッセージ・コメント」

どんな仕事につくかを考えた時に,好きなこと・一生懸命出来ることを考えると,私はよいと思います。自分の好きなことをやっていると,本当に楽しくなり,がんばろうという気持ちも生まれますし,お客様に喜んで頂いたりすることで大きなやり甲斐を得られる仕事になっていきます。好きなことを楽しみながら,高校時代も楽しみながら,仕事というものを考えて勉強していって頂ければと思います。
もしインテリアの仕事に就くと考えていたら,あるいは仕事としてではなくても,自分のお部屋を素敵にしたいという気持ちは皆さんあると思います。
そんな時には,ぜひ自分で工夫をして,自分の好きな空間を、自分の部屋で実現してもらえたらと思います。